68496af20c23f56b348f538928040590?1429245717
創業明治37年 京の乾物屋 山城屋のブログ

3月3日はひな祭り、そこに込められた想いとは

2018/02/26 11:21 晩ごはん お弁当 子ども くらし


3月3日はお雛祭り

ところで、ひな祭りっていつからあって、どんな意味があるんでしょうか??


乾物会社として単においしい食をお伝えするだけでなく、古より受け継がれてきた「食に込められた想い」もお伝えしていきたいです。


昔、中国では3月3日に手足をきれいに洗うことで、自分たちにおこる悪いことを水に流していたそうです。

それが昔、むかしの日本に伝わってきて、手足を洗うのではなく、人形に悪いことを背負ってもらって人形ごと川に流して、「悪いことが起きませんように」と願ったそうです。

それから、何百年もたってから、お人形さんで遊ぶ「ままごと」が流行って、川に人形を流すのをやめて色なん願いを込めて人形を飾るようになったそうです。

ひな祭りは別名「桃の節句」ともよばれ、これは桃の花に魔よけの力があり、古の人々はこの日に桃の花を飾りこの日に無病息災を願ったそうです。


ちらしずし、ハマグリ(蛤)のお吸い物、菱餅、ひなあられなんかもやっぱり意味があります。

菱餅やひなあられには四季を感じる「ピンク」、「緑」、「黄」、「白」が使われ、一年中幸せにすごせるように、そんな意味があるそうです。


また、色にも意味があるそうです。

緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、ピンクは「魔よけ」などなど


ハマグリには「仲のよい夫婦」の意味があり、ちらしずしには「見通しがきくれんこん」、「長生きのえび」、「健康でまめに働ける豆」の具材をつかって派手な色をからめて幸せを願い祝うそうです。


何百年と続くこのひな祭りを通して、ひな祭りの意味などもお子様にお伝えいただければなって思います。

では、皆さま、よいお雛祭りを!!


http://www.kanbutsuya.jp/
http://www.kanbutsuya.jp/


http://www.kanbutsuya.jp/fs/yamashiroya/c/obanzai

大人気商品の #お得なセット のご紹介です。わかりやすいレシピ付なのでどなたでも簡単においしい京のおばんざいが作れます!


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください