68496af20c23f56b348f538928040590?1429245717
創業明治37年 京の乾物屋 山城屋のブログ

今月24日は十五夜 来月21日は十三夜

2018/09/21 11:51 お菓子 イベント 子ども


皆様、こんにちは。9月も後半に入り涼しく、とても過ごしやすくなりました。


朝夕なんかは肌寒いですね 笑


空も秋空、先日の夕空、思わず驚嘆しました。

仕事帰りに必ず目にはいる光景

心がホっとなる瞬間です。

山城屋の宇治本社は夕空のスポットかもです!


空をみてそういえばと思ったんですが、

今月24日は十五夜があります。


十五夜は別名「中秋の名月」や「芋の名月」と呼ばれたり

古くは平安時代からこの風習があり、当時の人々も美しい月を愛でていたそうです。

お供えの風習は、月の満ち欠けをみて農耕を行っていた農民たちによって収穫への感謝と豊作を祈るお祭りとして広まり、今のお月見の形が作られたそうです。


この古きよき日本文化、いつまでも続いていけたらいいですね♪


24日は秋分の日、十五夜の名月を鑑賞品がら、お団子・・・・楽しみです♪


それと十五夜の名月を鑑賞されたら、十三夜も

十三夜には栗や枝豆を供えることから「栗名月」「豆名月」ともいいます。


今年の十三夜は、10月21日。十五夜に比べあまり知られていませんが、

十五夜に次いで美しい月だといわれ、昔から大切にされている風習なのです。


十五夜または十三夜のどちらか一方のお月見しかしないことを「片見月」と呼び、縁起が悪いといわれていますので、ぜひ両方の名月をご鑑賞してくださいね♪

http://www.kanbutsuya.jp/fs/yamashiroya/c/otukimi


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください